心の距離が縮んだとしても、物理的な身体の距離が離れていると差は縮まらない

僕は結構、心の距離を縮めるのが得意です。

もちろん、実は嫌がられているケースもあるでしょうけど、比較的臆することなく距離を縮めに、自発的に動けます。

それは、今まで接客業として働いていたことの影響もあり、前職の美容師が大きな影響を与えてくれました。

いやがおうでも距離を縮めないと、その人が本当にしたい髪型・したいことが見えてこないんですよね。

上辺の情報だけで、納得・満足を得るのは難しいので、相手と自分のイメージの差を埋めるために、心の距離を縮めることを心がけていました。

最近好きな人が出来ました。SNSで知り合ったのでまだ会ったことはありません。

Twitterである女の子と知り合いました。

私も彼女はいないんですが、その女の子も彼氏がおらず、そしてもうすぐ引越しするとのことでした。

引越し先は大阪、私も1年ちょっと前までは住んでいて、今はまた大阪に引っ越そうかなと思っています。

ベストタイミング、お互いに引越ししたら会えるやん、遊べるやん。

そんな話をしながら、電話やメッセで連絡を取り合いました。

同じ仕事をしているので、話は最初から合ったんですけど、その人のことを沢山知りたいと思って、色々と聞きました。

これまでのこと、これからのこと、今の悩み、将来の夢。

沢山聞いて、親身に話をするように心がけました。

好きになっていたので、相手にも良い印象を持ってほしかったんです。

もちろん、素の状態で接しないと、今後一緒にいることは実質不可能になるので、偽りや嘘の感情は一切持っていません。

ただただ耳を傾けて、頼ってもらえる存在になれればいいなと思っていました。

現在は、毎日連絡を取る仲になれて、まるで家族のような親近感をお互いに持っています。

会ったことないのに不思議だねって言い合っていて、心の距離はグググッと近づいた状態です。

心の距離は縮んだけど、まだ身体の距離は縮んていない。

仲良く慣れて、遊ぶ約束もできました。2人っきりなので、勝負場です。

今までの経験上、心の距離と身体の距離は別物だと感じています。

もちろん、心の距離が近づいていれば、その分だけ相手を受け入れる準備もできているので、かなり身体の距離も近づけるはずです。

はずなんですけど、実際に距離を縮めるには、やはり触れないといけません。

友達でも親友でも、心の距離は近いモノです。それは異性や同性に関わらず。

だからこそ、一歩先にいくためには、怖がらずに「触れる」ということが大事なのかなと、自分なりに思ったりします。

相手を好きになるか、ドキドキするか。

もちろん言葉は重要ですけど、そこはやっぱり身体と身体が触れることにあります。

スキンシップとも言いますよね。どれだけ下手な言葉を重ねるより、一度身体が触れ合うというのが重要なんです。

私は、その女の子にとっての「いい人」になる気は毛頭ありません。

だって好きなんですから、彼女になってくれないと困ります。泣きます。

だからこそ、勇気を振り絞って「友達」を卒業するために、あえて触れていきます。

長い時間に渡って心の距離だけ近い状態でいると、それが当たり前になってしまうので、ドキドキの関係に発展することは難しいと思うんですよね。

女の子のタイプにもよりますけど、今回好きになった女の子は、結構押しに弱いっていうか、そういった大きなきっかけが効くタイプかなって。

頑張ります、俺ファイト、勇気だせ!

天使のたまご

  • このエントリーをはてなブックマークに追加